Here and Now!

プリキュア・セラムン・はやブレ・極上生徒会とかに対する妄想と戯言の百合発言が多いブログ。百合に対して嫌悪感を感じる方。百合って何という方には観覧をお勧めしません。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

繋ぐ手から

花火大会へ行こう。



夏真っ盛り。
戦い続きのセーラー戦士にも休息が訪れ
戦士たち5人と衛は夏の風物詩である花火大会へとやってきた。

「今日は思いっきり遊ぶわよー!」
「美奈子ちゃん、浴衣で走っちゃ危ないわよ」
はしゃぐ美奈子にレイが注意する。
今日はみんなこれまた夏の風物詩のひとつ浴衣を着ていた。
「まったく……あたしとレイちゃんで着付けできたからいいものの……大変だったなぁ…」
レイの家に集合して落ち着かないうさぎと美奈子に
着付けをするまこととレイの姿を思い出して亜美は苦笑した。
「ふふっ。 お疲れ様、まこちゃん」
亜美は労いの言葉をかけると、まことはやれやれとため息をつきながら苦笑した。
「ま、今日は久しぶりに楽しまないとね」

-----------------------------------------------------------------------------


「うわーもう人がいっぱい」
河川敷には道路を埋め尽くすほどの人、人、人。
「もうちょっと早めに来て場所取りしておけば良かったね」
「前にも後ろにも身動きこれないわね、これじゃ」
そうこう言っている間に人は更に増えていく。

「……あ、あれ? みんなどこいった?」
人ごみに流されてしまったらしく、まことはいつの間にかみんなとはぐれていた。
「まいったなぁ…」
少し背伸びをして回り見渡すと見慣れた青髪が見えたので
わずかな隙間からそちらへ向かう。
「すいません、ちょっと通ります……亜美ちゃん!」
「まこちゃん!良かった、私一人ではぐれちゃって……みんなは?」
「いや、私もはぐれちゃってさ。 連絡しないと……」

熱い気持ちはC'est la vie~♪
その瞬間まことの携帯が鳴った。

「もしもし、美奈子ちゃん?」
「あ、まこちゃん?今どこにいるの?」
まことは目印になるものがないかあたりを見渡す。
「えーっと、すぐ近くに大きい橋がある」
「橋?こっちからは全然見えないわ」
「うーん、結構離れちゃったみたいだね」
この人ごみの中、美奈子と合流するのは
携帯を片手に持っても至難の業かもしれない。
「美奈子ちゃん、今ちょうど亜美ちゃんと会えたんだけど美奈子ちゃんは誰かと一緒にいる?」
「あ、そうなの?こっちはみんな一緒なのよ。 亜美ちゃんにも電話しようと思ってたんだけど、まこちゃんと一緒なら大丈夫ね」
「ちょっとこの人ごみだとまたはぐれちゃうかもしれないから花火が終わって人が帰り始めたらまた落ち合おう?」
「そうねー、それが良いかも……っていうかまこちゃん的には二人っきりよねーやっぱり」
美奈子の言葉にまことは思わず顔を赤くする。
「な!何言ってるんだよ美奈子ちゃん!」
このまま話を続けていたら絶対からかわれ続ける!
「じゃ、じゃあまた花火が終わったら連絡するから後でね!」
「私たちも私達楽しんでるから、ごゆっくり~♪」

電話を切ってひと息。
お互いの想いが通い合ったのはほんの数か月前で
そんな2人の関係を仲間たちにまだ言えずにいた。
美奈子はわかってるのか、それともただ茶化しているのかわからないが
彼女の言動にいつもヒヤヒヤさせられている。
……って、そういえば、ふたりっきりだ!
「まこちゃん、電話は美奈子ちゃんから?」
「う、うん。 人ごみが凄いからとりあえず花火が終わったら合流しようってことになった」
亜美を目の前にするとつい意識してしまう。
自分の恋人。

「まこちゃん、ここだとちょっと橋で花火が見えないかも」
「あー、そうかも。 ちょっと大変かもしれないけど橋の上行ってみようか?」
まことはゆっくりと橋の上に向かって歩き始めた。
ぎゅ。
「亜美ちゃん……?」
まことが振り返ると亜美が顔を真っ赤にさせながらまことの手を握っていた。
「あ、えっと、またはぐれちゃうと大変……だから」
まことも亜美につられて顔を赤くした。
亜美は普段こういった場所で手を繋ぐようなことはなかった。
まことは嬉しくなって亜美の手をとりなおして自分の指を絡めた。
「ま、まこちゃ……」
「はぐれちゃうと大変だからね」
にこっと笑って再び歩き出す。

橋の上に着くと花火が打ち上げられ始めた。
「綺麗ね……」
「……うん」
まことは打ち上げられる色とりどりの花火を見上げながら
繋いだ手から亜美の存在を強く感じていた。
(こんな風に一緒に居られるって幸せだな……)
ふと、以前ちびうさに好きというのは、この人と一緒にいたいと思う気持ちと言ったのを思い出した。
(ずっと亜美ちゃんと一緒にいたい)
そんな想いを込めながら繋いだ手に力を込めた。
亜美もその手を握りかえす。

夜空に散りゆく美しい花火を見ながら
二人の想いは紡がれていった……。





「亜美ちゃんの浴衣姿可愛いね」
ぐらいまこちゃんに言って欲しかったです。
来年の夏は二人のラブラブな夏を…くっ。

亜美ちゃんの浴衣姿とかってアニメで出たっけ…?
水着は何度も見た記憶あるんだけどなー。
まこちゃんは絶対素敵だろうなー。
髪も長いしいつものちょっと違ってアップとかでもいーんじゃないか。

花火大会にはちょーっと時期が早いですが。
あと2週間ぐらい?
江の島は5000発、厚木は1万発(!)
行くかは未定だけどチェックだけしてみた。
人すごいんだよなー本当…。
スポンサーサイト

| まこ亜美 | 2009-07-21 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。