Here and Now!

プリキュア・セラムン・はやブレ・極上生徒会とかに対する妄想と戯言の百合発言が多いブログ。百合に対して嫌悪感を感じる方。百合って何という方には観覧をお勧めしません。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドキドキ

最近、まこ亜美分を取りすぎているような
不足のような(どっちだよ


「ね、亜美ちゃん」
「なぁに?まこちゃん」

まことの作った夕飯を二人で食べ終えた後
食器を片づけ終わったところで亜美は後ろから自分を呼ぶ声に振り返った。

ぎゅ。

「ま、まこちゃん!?」
「へへっ、亜美ちゃん捕まえたー」

急に抱きしめられ思わず声が裏返る。
腰にはしっかりと手がまわされていて身動きが取れない。

「どうしたの、急に」
「いや、お腹はいっぱいになったけど亜美ちゃん分が全然足りてないことに気がついて?」
「なぁに、それ」

意味がわからないとまことを見上げて苦笑しながらも彼女の背中に腕をまわす。

「なんかさ、こうしてると落ち着くんだよね」
「……私は…そうでもないわ」

抱きしめられるたびに体が熱くなる、ドキドキする。
とても落ち着いてなんていられない。

「や、そりゃあたしだって全くドキドキしないわけじゃないんだけどね」

そう言いながら少し体をずらして亜美の髪に額に頬に唇を落としていく。

「ま、まこちゃん……んっ」
「今は、すごくドキドキしてるよ」

(まこちゃん……本当にドキドキしてるのかしら)
目の前のまことはいつも悔しいぐらいの余裕を見せる。

亜美の顎を持ち上げてまことは深く口づける。
まこと以外何も考えられなくなり、そのまままことに身をゆだねた。

(本当は抱きしめるだけで満足だったのに……亜美ちゃん可愛すぎだって!)


---------------------------------------------------------------------

なんかほのぼのした話を書きたいなーと思った。
…のになんかほのぼのとしてない!
どうせほのぼのにならないならもっと糖度をあげたい。
夏って良いよねー(何
スポンサーサイト

| まこ亜美 | 2009-08-03 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。