Here and Now!

プリキュア・セラムン・はやブレ・極上生徒会とかに対する妄想と戯言の百合発言が多いブログ。百合に対して嫌悪感を感じる方。百合って何という方には観覧をお勧めしません。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

Trick or Treat?

Happy Halloween!
ってことでひとつ。











「もうすぐかな…」
 到着するのが先か、できあがるのが先か。
ハロウィン前日である今日、まことは学校が終わると買い出しに出かけ、夕食の用意をした後、お菓子作りを始めていた。すべては明日のハロウィーンパーティーのため。

 パーティーというほど盛大にやるわけでもないが、明日はまことの家に集まってわいわいとやる予定だ。みんなと出会ってから自分の特技である料理がもっと好きになったように思う。自分で作ってみるのも、食べるのももちろん好きだけれどみんなが笑顔で美味しいって言ってもらえるたびに嬉しくなって次も頑張ろう!となり年々料理やお菓子の腕も上がっている気がする。

 ピーっとオーブンが鳴る。
 どうやらできあがったらしい。

 それとほぼ同時に玄関のチャイムが鳴った。訪問者を迎えに行く。きっと彼女だ。ドアスコープを覗いて確認をすると、まことは笑顔でドアを開いた。

「いらっしゃい、亜美ちゃん。待ってたよ」
「こんばんは、遅くなちゃってごめんなさい」

 まことの顔を見て微笑んだ亜美は少しはにかんで招かれた家へ入る。

「…甘い、良いにおい」
「今ちょうど明日のクッキー焼き終わったとこなんだ」
「明日が楽しみね」
「うん。あ、でも夕食後にデザートってことで亜美ちゃんにはちょっと味見してほしいな」
「もちろん、楽しみにしてるわ」

 今日は亜美の母は夜勤。そんな時は二人で夕食をとる。前はなんとなく二人とも寂しい気持ちがあったからかもしれない。 だけど今その思いは少し変わった。こうして夕食をとる理由は一緒に居たいから…大切な恋人と。次の日学校がない場合はそのままお泊りすることもあり

 夕食の片づけが終わり。まことは冷ましておいたクッキーを綺麗にプレートに並べた。
「じゃ、味見してもらおうかな?」
「それじゃ頂きます…あ、その前にまこちゃん」
「?」
「Trick or Treat」
「え?トリック?あぁ、そういえば英語の時間に聞いたような……」
「ふふ……ハロウィンの前日だけれどね。意味覚えてるかしら?」
「えっと、えーっと…」
「trickがいたずら、treatがもてなしっていう意味よ。Trick or Treatを意訳するとしたらお菓子をくれないといたずらしちゃうぞ……って感じね。覚えてない?」
「へぇ…って言われてみれば英語の授業でやった…と思う」
「先生がハロウィン近くで教えてくれただけだからテストにはでないかもしれないけど」
「あーそういえばアメリカかどっかでは子供が仮装ながらトリック……なんちゃらって言いながらお菓子をもらいにまわるって言ってたなぁ」
「トリック オア トリートね」
「うん、トリック オア トリート。よし覚えた……かな」
 まことがそういうと亜美は微笑んだ。
「あ、そうだトリート。亜美ちゃん食べて食べて」
 思い出したかのようにまことはクッキーの乗ったプレートを亜美に差し出した。
 ひとくち食べると甘すぎないかぼちゃの味が口の中に広がる。
「どう?」
「…おいしいわ、どんどん食べちゃいたいもの。流石ね、まこちゃん」
 笑顔でそう言われてまことは満足そうな笑みを浮かべた。
「良かった」
 クッキーはちょっと甘みを抑えて亜美好みにしてみたので本人が気に入ってくれたのなら作ってこれほど幸せなことはない。甘味を抑えたといっても十分な甘さがあるのでうさぎたちも満足してくれると思う…もっと甘いプリンも用意してあるし。

「あ、そういえば亜美ちゃん」
「なあに?」
「トリック オア トリート」
「え?……えぇ?」
 戸惑う亜美をよそにまことは繰り返す。
「トリック オア トリート」
「わ、私、そういえば何も用意してなくって……ご、ごめんなさい」
 まことの考えとは裏腹に顔面蒼白になっていく亜美がなんだか無性に可愛くて抱き寄せた。
「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ?……だっけ」
 耳元で囁くと今度は焦った様子が見てとれる。
「い、いたずらって…」
 まことはそのまま亜美にキスの雨を降らせていく。
「あ、でもこれはトリックよりトリートで、もてなしの方かもね」
「ま、まこちゃん」
「亜美ちゃんにおもてなし、して欲しいな」
「もう……」
 そう言って亜美はまことの肩に手をのせて踵を上げた。
 これが精一杯のおもてなし。






Happy Halloween!前日ですが。
というわけで明日は行きますよ川崎で行われる
セーラームーンオンリー-ベントHappy Halloween 6に!!!

いっぱいセラムン話できると良いなーしたいなー。
周りにセラムン好きな人居なくて寂しいんだもんw
誰か話してくださいお願いしますw

今まで行ったオンリーイベントってみんなその作品が好きで来る人たち
ばっかりだから今回もそうであると期待。

あーめっちゃ楽しみだよ。


スポンサーサイト

| まこ亜美 | 2009-10-30 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。