Here and Now!

プリキュア・セラムン・はやブレ・極上生徒会とかに対する妄想と戯言の百合発言が多いブログ。百合に対して嫌悪感を感じる方。百合って何という方には観覧をお勧めしません。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

おそろい






「じゃーん!」

 目の前に差し出されたのは水色のクマ。良く見ると頭のてっぺんに丸い輪がついていてキーホルダーになっている。

「可愛いわね、買ったの?」
「うん、一目ぼれして買っちゃった」

 まことは可愛いものに弱い。付き合い始めて買い物に行ったりより一緒にいる時間が増えてもっと彼女を知ったように思う。雑貨屋に行った時は特に目を輝かせているのを思い出す。可愛いもの、とか自分はよくわからなかったけれど彼女と一緒に居るうちに可愛いものの良さというのもわかってきた気がする。

「はい、これ」

 まことは亜美の手を取ってそのクマをぽすっと置いた。

「??」
「プレゼント」

「え!…で、でも私の誕生日はもう終わったし、クリスマスはまだ先だし……」
「何かイベントがなきゃプレゼントしちゃダメなの?」
「そういうわけじゃないけど……いいの?」
「うん。亜美ちゃんに持ってて欲しいなぁ……なんて」
「ありがとう」

「でね、実はお揃い……だったり」
「お、お揃い!?」

 まことの言葉に思わず語尾が上がってしまった。

「うん、ほら」

 そう言ってまことは鞄を見せる。そこには亜美と色違いでピンクのクマがつけられていた。


「あー嫌だったかな?それともデザイン気に入らなかった?まぁ、無理して持っててとは言わな……」
「ち、違うわ!すごく可愛いと思うし、まこちゃんからのプレゼントだなんて……すごく、嬉しいし……ただ」
「ただ?」
「ちょっと恥ずかしいかな……って」
 
 まことは腕を組んでうーんと唸っていた。自分だってお揃いなんて嬉しいけどどうしてこんなに照れたり恥ずかしがったりする気持ちが自分の中では大きいのだろう。

「まぁ、今回はあたしが突っ走りすぎちゃったね。ごめん」
「ううん、ありがとう。大事にするわ」

 そう言ってもらったクマを自分のカバンにつけてみた。

「無理しなくても良いよ?」
「無理じゃないわ、私がつけたいんだもの……まこちゃんとのお揃い」

 ……ちょっと、いや結構恥ずかしいというか照れるのだけど。

「そっか、うん。ありがと亜美ちゃん」

 そう言って満面の笑みを浮かべる。もらってありがとうなのは私なのに。

 次の日学校で美奈子に鋭く指摘され二人で顔を赤くしてしどろもどろになった私たち。
 あの時どうして照れて躊躇したのか、今回身にしみて分かった気がした。





ブラウザを消して一回全部消えた!orz
いや、安座間さんと泉さんがオソロだってブログで見たから。
今回はお互い他の人からもらったものだけど。
他にもいろいろあるよね。
いやー仲良きことは素晴らしきことかな。

お揃いって何か楽しそう。でも何か照れそう。……な気がする。
亜美ちゃんってすっごい照れ屋な気がするんですけどどうなんだろう?
何かにつけて恥ずかしがってるイメージが強いんだよなぁw

スポンサーサイト

| まこ亜美 | 2009-10-29 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。